眼精疲労はただの疲れ目ではない

 

私たちが健康的な日々の生活を送るためには、食事や運動、趣味など、目を使うシーンが多くあります。視覚は味覚や触覚にも影響してきますので、定期的な眼科での診察をおすすめ致します。

とくに現代人に多い眼精疲労は、ただの疲れ目と考えずしっかりケアして頂きたい症状です。

眼精疲労とは                                           

目のかすみや異和感、目の奥の痛みや、頭痛・肩こり・吐き気・食欲不振を引き起こす目の症状で、不眠や抑うつ、自律神経に悪影響を及ぼします。その原因には、スマホの操作やデスクワーク、目を酷使する作業を長時間行っている、または慢性的な睡眠不足などが考えられます。

とくに長時間のスマホの操作後は、老眼のような状態を招くため、お子様の利用時間には注意が 必要です。

・眼精疲労の種類

調節性眼精疲労:ピントを合わせたいのに合わせられない状態が続くために起こる症状で、近視や乱視・老眼に対してコンタクトレンズや眼鏡の矯正がきちんと行われていないと、眼精疲労が起こりやすくなります。

症候性眼精疲労:緑内障や神経症、糖尿病網膜症、高血圧、糖尿病など、目の病気や全身の病気が原因となる疲労です。原疾患の治療が大切なのは言うまでもありません。

その他の眼精疲労(筋性眼精疲労など):高度の斜視や眼筋麻痺・輻輳障害など、両目の位置の異常や動きの不均衡によって引き起こされる疲労です。

 

疲れ目や眼精疲労の予防や対策

私たちの眼球は外眼筋に支えられていて、長時間目を動かさずに同じ位置をキープすると外眼筋が疲労を起こしてしまいます。また、スマホやパソコン・新聞など、近距離で何かを見続けるという行為は、ピントを合わせる毛様体筋に負担がかかり疲れ目を引き起こしてしまいます。したがって、VDTや近距離作業の途中では適度に休憩を入れることが大切です。また、目がショボショボしたりかすんで見えたり、目の奥に痛みを感じたりする軽い疲れ目は、一晩ぐっすりと眠るなど休息をしっかり取ることで回復します。しかし、休息をとらずに目が疲れる原因となる行為をそのまま続けると、眼精疲労に進展してしまいます。眼精疲労や疲れ目は「ただ疲れているだけ」と考えず、しっかりと休息をとっても治らない症状については病気が潜んでいることもあります。そのような場合は眼科を早めに受診するなどの対策をとることも大切です。

 

鹿児島市小野で眼科をお探しでしたら当院へお越し下さい。当院は鹿児島市内だけでなく、県外からも多くの患者さんにご来院頂いております。一般眼科診療から小児眼科診療、第4土曜日は完全予約制で斜視弱視外来の診察もしております。斜視でお悩みでしたらお子様だけでなく成人の方もお気軽にご相談下さい。

© 2015 藤田眼科  Wix.comを使って

作成されました

Tel

099-229-8718

スタッフ募集
Recruitment

鹿児島市小野の眼科なら【藤田眼科】 - Kagoshima-shi, Ono -

近視や老眼、白内障や緑内障、ドライアイや結膜炎、糖尿病網膜症やコンタクトレンズの処方などの一般眼科診療はもちろん、角膜専門・斜視弱視外来、小児眼科の診断・治療も行っております。赤ちゃんからお年寄りまで、患者さんと一生お付き合いできるかかりつけ医になれるよう日々努力しております。眼の事でお悩みがありましたら、些細な事でもお気軽にご相談ください。