コンタクトレンズの使用に必要な基礎知識

 

コンタクトレンズは、眼鏡よりも自然な視界を手にすることができ、おしゃれやスポーツを楽しむことができるというメリットがあります。健康な目を維持するためには目に合ったコンタクトレンズを装用するだけでなく、正しい方法で装用することが重要です。

 

レンズには装用時間や使用期限がある                                            

朝から夜までレンズを装用している、レンズを装用したまま眠ってしまうというように長時間装用していると角膜の酸素が不足し、視力の低下や感染症などを招いてしまう危険性があります。レンズを装用する場合は、決められた装用時間を守るようにしましょう。レンズには、ハードレンズもしくはソフトレンズ、またソフトレンズの中でも1日使い捨てレンズ、2週間交換レンズというように様々な種類があり、使用期限が決まっています。使用期限が過ぎているレンズを装用してしまうと、思わぬ目のトラブルを招いてしまう可能性もあるのです。そのため、コンタクトレンズを装用する際には、レンズの交換日もしっかりと把握しておくことが大切です。

 

レンズのケアをすることが非常に大切

コンタクトレンズを装用していると油脂やタンパクなどの汚れが付着してレンズが汚れてしまいます。このように汚れたレンズをそのまま装用してしまうと細菌が繁殖し、かゆみや痛み、感染症などのトラブルにつながってしまうこともあるのです。レンズの種類によってケアが異なるため、最適な方法でレンズを洗浄・消毒して保管しましょう。

 

定期的な眼科の検査も大切

コンタクトレンズユーザーでは、長い間同じレンズを愛用している方や長い期間眼科の検査を受けていないという方もいらっしゃるでしょう。それらの方には、時間が経って劣化したコンタクトを気付かずに使い続けていたり、高度管理医療機器であるコンタクトを自己判断で誤った取り扱いをして自らトラブルを招いたりしているケースも多く見受けられます。目の健康を維持するためには、コンタクトレンズユーザーでは特に異常を感じていなくても定期的に眼科に足を運び検査を受けることが大切です。

 

鹿児島市小野周辺にお住まいの方や鹿児島市小野周辺で眼鏡やコンタクトレンズの処方を行っている眼科をお探しの方は、当院にご相談下さい。鹿児島市小野にある当院では、小児用眼鏡フレームをお探しの方にも最適な眼鏡の提供やコンタクトレンズに対するアドバイスも行っています。視力や眼鏡・コンタクトレンズに関する悩みをお持ちの方は、気軽にご相談下さい。

© 2015 藤田眼科  Wix.comを使って

作成されました

Tel

099-229-8718

スタッフ募集
Recruitment

鹿児島市小野の眼科なら【藤田眼科】 - Kagoshima-shi, Ono -

近視や老眼、白内障や緑内障、ドライアイや結膜炎、糖尿病網膜症やコンタクトレンズの処方などの一般眼科診療はもちろん、角膜専門・斜視弱視外来、小児眼科の診断・治療も行っております。赤ちゃんからお年寄りまで、患者さんと一生お付き合いできるかかりつけ医になれるよう日々努力しております。眼の事でお悩みがありましたら、些細な事でもお気軽にご相談ください。